宮古市田老山林火災、鎮火(4月15日~18日の話題)

4月16日の話題

宮古市田老山林火災、鎮火
宮古市田老小堀内地内で起きていた山林火災について、市は鎮火を宣言しました
発生から5日目、鎮圧から3日目での鎮火となりました。

14日以降の流れ

14日
5時00分 自衛隊ヘリで上空を偵察
5時20分 市が鎮圧を宣言
8時00分 地上から残火の確認開始
10時55分 活動終了

16日
9時00分 原因調査&残火確認開始
14時45分 ヘリから目視&熱画像カメラによる状況確認
15時00分 市が鎮火を宣言

人的被害、建物被害はなし
焼失面積 推計約30ha


原因は調査中で、焼失面積の確定には1週間程度かかるそうです。

関連記事→宮古市田老で山林火災(4月11日~14日の話題)


産直施設がプラザおでってに移転オープン
2010年11月25日に盛岡のサンビル1階にオープンした産直施設「まちの驛(えき)もりおか さんさん広場」がプラザおでっての屋外スペースに移転オープンしました。

私がプラザおでってに訪れた時は屋外スペースで古本を売っていました。これからは活気ある産直スペースとなります。

ところで、この産直施設は「まちの驛(えき)」という名前が付いていますが、いわゆる「まちの駅」とは別物です。
現在「まちの駅」は県内に花巻市石鳥谷町、奥州市水沢、一関市千厩町の3つがあるようです。


サンクス北上村崎野店がファミリーマートにリニューアル
国道4号からJR村崎野駅へ繋がる県道151号線沿いにあるサンクスがファミマにリニューアルしました。
ここから約700m先にある国道4号と県道151号線との交差点には、既にファミリーマート北上四号バイパス店があります。

因みに、この少し北側には東芝メモリの新工場建設地を含む北上工業団地があり、新工場は現在建設工事の真っ最中です。

↓ファミマにリニューアルする前のサンクス北上村崎野店



幸楽苑前沢店がオープン
場所は前沢バイパス(国道4号)沿いのまるまつ前沢店の向かいです。
県内9店舗目、奥州市では2店舗目の幸楽苑となります。

周辺はイオン前沢店を中心にロードサイド店舗や前沢牛の店が並ぶ活気のある通りで、去年4月22日にはメガガイア前沢店が、去年10月6日にはカワチ薬品前沢店がオープンしていました。

メガガイア前沢店→道の駅いわいずみ再開(4月20日~23日の話題)

カワチ薬品前沢店がオープン→ラグビーワールドカップのトロフィーが岩手に上陸(10月5日~8日の話題)
高田病院が復活し開院(2月26日~3月1日の話題)

↓幸楽苑前沢店が出店した場所




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村


岩手県ランキング



合宿免許対応! 自動車免許 徹底攻略サイト
予備校の予備校

スポンサーサイト

岩手最強の豪雪地帯、真冬の西和賀へ 10

IMG_20180224_142047.jpg
帰りは行きほど乗客がいなかったので、ちょこっと車内を撮影。
ワンマンカーの運賃箱です。支払いは運転士がいる一番前の運賃箱で支払います。


IMG_20180224_142708.jpg
水墨画のような景色の中を走ります。


IMG_20180224_144143.jpg
ほっとゆだ駅から2駅目の和賀仙人(わかせんにん)駅です。
列車交換可能で、1994年9月まで駅長がいました。その後駅舎は建て替えられましたが、ホームの長さからしてかつてはなかなかの拠点駅だったようです。

実はこの駅はすでに北上市に入っています。このときの和賀仙人の積雪は184cmでした。
この1週間前には2mを超えていました(→大船渡で囲碁の棋聖戦第4局(2月14日~17日の話題))。


IMG_20180224_144520.jpg
次の岩沢駅です。
かつては列車交換可能でした。現在も使われなくなったホームの跡があるそうで、花壇に利用されているそう。
1991年に駅舎が建て替えられ公民館が併設されました。無人化になったのは2003年と、和賀仙人駅よりも後になります。

この日は公民館でなにやら催しがあったようでした。


IMG_20180224_144811.jpg
北上市の中心部に近づくにつれて段々と晴れてきました。


IMG_20180224_144930.jpg
住宅が増えてくると横川目駅に到着。
岩沢駅と似ていて、かつては列車交換可能&使われなくなったホーム残存&公民館併設となっています。

岩手最強の豪雪地帯、真冬の西和賀へ 1にも書きましたが、横川目界隈は旧和賀町役場(現北上市役所和賀庁舎)があり、藤根界隈と並んで和賀町の中心でした。


IMG_20180224_145249.jpg
次は立川目駅です。しかし、この周辺の地名は「竪川目」と書きます。
1963年に街中にある柳原駅とともに新設された駅なので、柳原駅と同様に駅がかなり簡素です(柳原駅は「北上市に行ってみた」で訪れました)。

周辺には体育館&図書館併設の和賀地区交流センターや市民竪川目運動場、TDKの工場などがある後藤野工業団地があります。


IMG_20180224_145846.jpg
今のワンマンカーの運賃表ってモニターなんですね。上手く説明はできませんが、ちょっと前までは数字がオレンジ色に表示されるタイプでした。


IMG_20180224_145946.jpg
藤根駅に到着。
「列車がきます」という電子表示&警報が鳴る中、列車が走っていきました。


IMG_20180224_150025.jpg
藤根駅の駅名標もほっとゆだ駅と同様、雪から頑張って顔を出していました。


IMG_20180224_150108.jpg
1番線と2番線を撮影。
ほっとゆだ駅と同様、この藤根駅にもかつては3番線ホームがあり、2番線ホームの裏に線路がありました。

2013年まで直営駅&去年まで自動券売機があったことも考えると、結構な拠点駅だったようですね。


IMG_20180224_150123.jpg
出入り口には「ようこそ藤根駅へ」の文字と鬼剣舞らしきシルエットがありました。


以上で「岩手最強の豪雪地帯、真冬の西和賀へ」完結です。
因みに、湯田の4月17日23時現在の積雪は35cmです。刻一刻と春が近づいているようです。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村


岩手県ランキング



合宿免許対応! 自動車免許 徹底攻略サイト
予備校の予備校

宮古市田老で山林火災(4月11日~14日の話題)

4月12日の話題

岩手県工業技術センターに国際規格対応施設が完成
盛岡に県内初の国際規格対応施設(6月15日~18日の話題)に以前書いていましたが、岩手県工業技術センター敷地内に「ものづくりイノベーションセンター」が完成し、開所式が行われました。

「ものづくりイノベーションセンター」は
電子機器の測定・評価を行う「EMC(電磁共存性)評価ラボ」と、
三次元デジタルものづくり技術に加えIoT機器開発機能等を強化した「次世代ものづくりラボ」
からなる研究施設です。

このうち「EMC評価ラボ」に設置された大型電波暗室は、壁で電波を吸収でき、電気製品から不要な電磁波が出ていないかを調べる事ができるそうで、民間以外では東北で初めての設置&県内初の国際規格対応施設となります。

また「次世代ものづくりラボ」の3Dものづくりラボには、レーザー3Dプリンターよりゆがみが少なく造形できる電子ビーム積層装置(電子ビーム金属3Dプリンター)という装置が、公的研究機関では全国で初めて導入されました。

他にもさまざまな特殊装置が備えられているそうです。

今回の研究施設は企業向けのようですが、県内のものづくりといえば、先月3日にはアイーナにファブテラスいわてがオープンしていましたね(→ファブテラスいわてが開所(3月2日~5日の話題))。


宮古市田老で山林火災
現場は宮古市田老小堀内地内の山林で、グリーンピア三陸みやこから国道45号を挟んだ西側の原地山(はらちやま)という山です。

地形の関係上地上からは消火活動ができずヘリでの消火活動となりましたが、14日に鎮圧が宣言されました

以下これまでの流れ

12日
12時59分 通報
14時25分 市が災害対策本部、県が災害特別警戒本部を設置
14時30分 市が県に自衛隊の災害派遣を要請
17時42分 ヘリによる空中消火活動終了
18時00分現在の焼失面積 約6.53ha

13日
6時00分 ヘリによる空中消火活動開始
17時40分 ヘリによる空中消火活動終了
16時00分現在の焼失面積 約30ha

14日
5時00分 自衛隊ヘリで上空を偵察
5時20分 市が鎮圧を宣言
8時00分 地上から残火の確認開始


幸いにも人や建物への被害はなかったそうです。

出火の原因は不明だそうで、今後は鎮火宣言、原因の調査や被害状況の確認が待たれるところです。

去年には釜石で大規模な山火事がありました。
釜石で山火事(5月6日~9日の話題)
釜石避難指示解除(5月10日~13日の話題)
新釜石魚市場が完成(5月14日~17日の話題)
廃止案浮上の中、高総体開会式(5月22日~25日の話題)
大迫町でワインフェス開催(6月3日~6日の話題)


ラグビーワールドカップ総会、交通輸送基本計画が了承
ラグビーワールドカップの釜石開催における実行委員会の総会が開かれました。

今回了承された交通輸送基本計画はこんな感じだそう。
鉄道の増便や増結などの輸送力強化を鉄道事業者に要請する
不足が予想される輸送バス120~160台分の増便を要請する
県内の主要駅などからスタジアムへのライナーバスを運行する
渋滞が発生する前のエリアにパーク&ライド駐車場を設置し、そこからシャトルバスを運行する


北上にドローンスクール開校(1月17日~20日の話題)にも書きましたが、実行委員会は今年度中に詳細な実施計画を作成する予定です。

さらに今年度は実行委員会でキャラバンを結成し、東北6県を巡って釜石開催のアピールや情報交換などを行うそうです。

あれ?1月30日にキャラバンが青森市を訪れたというニュースがあったのですでにキャラバンがあったと思ったのですが、それとは別なのでしょうか…


4月13日の話題

酒のやまや北上店が移転オープン
道の駅たろうがグランドオープン(4月7日~10日の話題)に詳しく書いたとおり、酒のやまや北上店が12日に閉店&13日に移転オープンしました。

移転場所は国道107号沿いで、2016年9月1日に閉店したフリークス北上店に居抜き出店しました。
1年半以上も空き店舗だったので、新しい店が入ってとりあえずは良かったですが、やはり北上南ショッピングセンター跡地の今後が気になるところです。


4月14日の話題

赤崎グラウンドが人工芝に
大船渡市赤崎町にある赤崎グラウンドが人工芝化の工事を終え、本格オープンを迎えました。

赤崎グラウンドは、2013年に東日本大震災で校舎が全壊した赤崎小学校の跡地に仮設で整備されたグラウンドで、全面人工芝にて本格供用開始となりました。

人工芝化の工事は1月に完了。去年の12月27日のプレオープン時には小笠原満男選手らによるイベントが開催されましたが、今回のオープニングセレモニーでは北澤豪さんらによるサッカー教室が開催されたそうです。

300席分の観客席が設けられているほか、グラウンド脇にはロッカールームやシャワールームなどを備えたクラブハウスも整備されました。

私が学生時代にサッカーの試合で沿岸に行くときは大船渡よりもどちらかというと釜石で行うことが多かったのですが、このグラウンドの完成によってこれからは大船渡で行われる機会が増えていきそうです。

それにしても、人工芝で練習できる今の子どもたちがうらやましいです。

関連記事→「呑ん兵衛横丁」営業終了(3月30日~4月2日の話題)

↓仮設時代の赤崎グラウンド(2013年6月)




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村


岩手県ランキング



合宿免許対応! 自動車免許 徹底攻略サイト
予備校の予備校


プロフィール

iwate315

Author:iwate315
ネットやテレビなどで得た岩手の話題を本当にテキトーに書き込むブログ。
過去の記事も随時加筆修正しています。

自己紹介

↓過去記事↓
★1~50記事一覧★
★51~100記事一覧★

最新50記事

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR